部屋

殻を破って生まれ変わった空間|ミラクルリノベーション術

耐震加工

作業員と女の人

耐震住宅は、建物が地震に対して耐えられるだけの、十分な構造的強度をもっている住宅物件である。建物は土地を基礎として建造されていることから、その地面が地震によって揺らされることで、建物自体が脅威にさらされる。地震の発生時間はごく短いことが多いため、短期間の大きな揺れに対する耐久性を持つことを目的とする。しかし、通常の住宅建築に比べて費用がかかる事から、どの程度の耐震性能にするかの判断が必要になる。耐震住宅には、いつ地震が襲ってきてもいいように、十分な耐震性を有している。しかし経年劣化や浸水など外部からの要因によって、耐震性が地震の際に十分に発揮されない事態もあり得る。築年数が経過した建物は、定期点検で地震に対する耐久性について再評価することが必要である。もし備えていた本来の耐震性に不備が見つかったならば、それを修繕して地震に耐えられるように再構築することが求められる。地震に関する研究分野は、未だ発展途上であることが多い。地震に関するメカニズムは不明である部分が多く、これからのさらなる研究開発が期待される分野である。開発しているメーカーは、新しく判明した地震のメカニズムを応用して、新しい耐震化のための技術開発を行っている。こうした研究開発の成果により、従来よりもより安全でしかもリーズナブルにリフォームすることができるような、耐震化技術が生みだされている。